WEBデザイナーになる

WEBデザイナーのリアル年収と年収アップの方法【現役WEBデザイナーの体験談】

WEBデザイナーのリアル年収と年収アップの方法【現役WEBデザイナーの体験談】
  • これからWEBデザイナーを目指したいけど年収はどのくらいだろう?
  • WEBデザイナーとして働いているけど給料を上げたい

この記事では、こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • WEBデザイナーの年収相場
  • 年収を上げる方法

現役WEBデザイナーの私の年収の推移と、実践している年収の上げ方についてまとめています。

WEBデザイナーの年収について気になる人は、ぜひ記事をご覧ください。

WEBデザイナーの平均年収は約426万円

WEBデザイナーの年収はそこまで高くありません。
以下、ご覧ください。

Webデザイナーの仕事の平均年収は約426万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。
月給で換算すると36万円、初任給は24万円程度が相場のようで、派遣社員やアルバイト・パートでは平均時給がそれぞれ1,775円、1,094円となっています。

正社員の給料分布を見てみるとボリュームが多いのは409〜465万円の水準で、平均年収の426万円もこのゾーンに含まれています。
全体の給与幅としては297〜744万円と比較的広いため、勤務先や経験・求められるスキルによっても大きな差があると見受けられます。

WEBデザイナーの年収・時給より抜粋

もちろん、会社や自分のスキルによって変動がありますが、そこまで大きな差はありません。

実際、私は新卒からずっとWEBデザイナーとして働いてきましたが、新卒の時は手取りで20万円を切っていました。

私の経歴とともにざっくりとした年収を公開します。

1社目:約250万円~(制作会社/正社員)
2社目:約300万円~(事業会社/正社員)
3社目:約330万円~(金融業界/派遣)
3社目:約380万円~(金融業界/正社員)

WEBデザイナーの平均年収と同じように推移していることがわかります。

【3つある】現役WEBデザイナーの年収アップの方法

現役WEBデザイナーの年収の上げ方

私が実践した年収アップの方法をまとめました。

転職

WEBデザイナーは年収が低めですが、技術職なので転職も比較的簡単にできます。

私のオススメは最初にWEB制作会社を経験すること。

理由としては以下。

  • デザイン案件が豊富
  • スキルと制作スピードが身につく
案件依頼の流れ

制作会社には代理店を通してデザイン案件がたくさん来ます。
(制作会社へ直接依頼が来る場合もあります)

中には大きな案件もあるので、モチベーションアップに繋がります。

私も最初に勤めた制作会社で有名サイトをジャックするデザイン案件を任されたことがあります。
実際に自分が使用しているサイトに掲載されるバナーデザインだったので嬉しかったのを覚えています。

デメリットとしては、「納期が短め」ということ。

その分、スキルとスピードを身につけることができるので、「大きな案件やってみたい!スキルとスピードを叩き込みたい!」という人は是非。

まずはWEB制作会社でスキルを身につけると、自信にも繋がります。

こなしていく案件量も多いのでポートフォリオも充実させることができて、転職の時に有利になります。

新しいスキルを身につける

WEBデザインに関係するスキルを身につけることで、年収アップを目指します。

例えば以下。

  • コーディング
  • プログラム
  • 紙媒体のデザイン
  • イラスト
  • ディレクション
  • マーケティング

WEBは日々進化しているので、デザインだけだと年収アップは難しいです。
年齢が上がるたびにプラスαのスキルが求められることも。

どのスキルを身につけるかは仕事内容により様々ですが、業務で活かせそうなものから学ぶと理解も早く効率的です。

働きながらだと大変ですが、通勤時間に本を読んだり、空き時間に制作してみたり等、常に勉強することが大切だと言えます。

私も今の会社でマーケティングとディレクションのスキルを身につけて年収を上げました。
初めての分野だったので、本をたくさん読んだり、上司に質問をしたり…。小さな努力の積み上げが大切なんだと実感しています。

副業

最近は副業OKの企業が増えてきました。

副業の種類はたくさんありますが、「本業で活かせること」が大切です。

この記事をみている人は、WEB関係の仕事をしている人・もしくは目指している人だと思います。

すでにWEBの知識や経験が備わっているので、副業でも活かすことで年収アップに繋げられます。

WEBデザインのスキルを活かせるサービス

私の場合はブログの更新です。
理由としては、文章スキルを磨きたいため。
他にもいろいろ手を出したいのですが、本業と日々の生活をおろそかにしない程度にしています。

まとめ

記事で書いてきたことをまとめます。

  • WEBデザイナーの平均年収は約426万円
  • 年収アップを目指すなら「転職・スキルを身につける・副業」

決して高いとは言えないWEBデザイナーの年収。

ですが、少しの努力で年収を上げることが可能です。
年収アップを目指すために日々スキルを磨いていきましょう!